ワキガは遺伝する?

「ワキガは遺伝する」というような話をよく耳にしますが、これは本当でしょうか?ワキガの遺伝は少々複雑な問題も絡んでいるのですが、概ねの見解として“ワキガは遺伝する”というのが知られています。

ではワキガの遺伝について少々詳しく見てみましょう。

〈ワキガの遺伝@〉ワキガの遺伝といっても、臭いそのものが遺伝する訳ではありません。

ワキガの遺伝ではワキガの原因である汗の量が遺伝するということが重要です。

遺伝により通常よりも汗の量が多い人がいるように、脇汗も遺伝によって多い少ないという個人差があります。

遺伝によって脇汗の多い人がワキガになってしまうのは非常に高い確率なのです。

〈ワキガの遺伝A〉ワキガは遺伝することから「ワキガは遺伝するから仕方ない」と諦めてはいけません。

ワキガは遺伝するといっても臭いではなく汗の量が遺伝するということから、発汗の対策を行う事である程度はワキガを抑えることは可能なのです。

汗の対策で重要な事は汗をそのまま放置しないということが重要です。

脇に汗をかいたと感じた時に小まめに拭き取ることだけでも十分にワキガ対策は行う事ができます。

また脇汗パッドなどを利用して、脇を乾燥させた状態で保つ事で細菌の繁殖を抑えワキガを予防することができます。