介護の現場は人材不足?

人材不足と企業の採用条件についてです。
求人倍率の低下が大きな問題になっている現在でも、業種によっては人手不足が嘆かれています。
特に小児科、産婦人科の医師は仕事内容のリスクから万年の人手不足です。
今や社会問題にもなっているのは誰もが知るところです。
病院によっては、十分な医師がいないために診療が継続できないところもあります。
各病院は医師の人材確保に大変苦労しているのが現状です。
過疎地の場合になると事態はもっとも深刻です。
病院としても、医師のオーバーワークを防ぐ仕組みを考えたり、給与アップを約束したりと、打てる手はできる限り打っています。
介護や福祉に関する需要の高まりから、人材の不足によるサービスの低下が問題となっています。
介護や福祉に関わる仕事は待遇が良くないという先入観があり、仕事につく人がいない状況です。
雇用を熱心に行っている会社もありますが、勤める人が長続きしないという実情もあります。
採用する側も高賃金等で人材確保に努めたいところです、介護保険の関係もあり、制度改革を含む根本的な改善が必要だともいわれています。
また、人材採用には資格保持者が欠かせず、その資格の条件には実務経験が含まれています。
どんな人でも採用していいということではありませんので、運営に問題がないだけの人材を得るにも難しいようです。
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】