有酸素運動に適した時間帯とは

いつの時間帯が、有酸素運動によるダイエットに適しているのでしょうか。
有酸素運動を始めてしばらくは、血液中の糖質がエネルギー源となります。
すぐに体脂肪を燃焼させることができるので、有酸素運動を血糖値の少ない時にすればダイエットに良いのではないかと思う人もいるでしょう。
実は糖質とは唯一の脳の栄養源となっています。
極度の空腹状態は集中力が低下しているため、ジョギング中に想定外のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
肝臓のグリコーゲンを使うことになるのが、低血糖状態での運動です。
筋肉を、アミノ酸という筋肉の原料となるものも同時に使ってしまうことですり減らしてしまうようです。
低血糖状態で有酸素運動をするより、血糖値がある程度の状態である時に運動を開始するのがおすすめです。
ダイエットは、徐々に血中の糖質から体脂肪に使用するエネルギーを切り替えた方が健康的にすることができます。
早朝にジョギングをダイエットが目的で行う人もいます。
激しい運動を空腹の低血糖状態ですることは、高齢者にとっては特に危ないことです。
食後すぐは消化活動に血液が集中しているため、運動は控えた方がいいでしょう。
消化活動も一段落ついている食後1時間以上が経過した頃が、血糖値も安定しておすすめの有酸素運動によるダイエットをする時間帯だといえます。
TRFイージードゥダンササイズは産後太りに良い?【DVD体験Q&A】