白髪染めをすると、黒髪の部分も白髪と同じ色に染まる?

白髪染めにはいくつかのタイプがありますが、白髪と黒い髪が同じ色になるかどうかは商品によって異なります。
例えば白髪染めをするときに単純に黒くするのではなくて、明るいブラウンに染めるというような場合には、白髪と黒い髪とが同じ色に染まらないと不自然に見える事が考えられるでしょう。
このような場合にはヘアカラーと呼ばれている2つの液を混ぜて使うタイプのものが向いています。
ヘアカラーでは2つの液を混ぜるのですが、この片方には過酸化水素など酸化剤と呼ばれる成分が配合されています。
過酸化水素といえば薬局で売っている過酸化水素水の成分なのですが、これを使って髪を脱色したという人もいると思います。
このように、2液を混ぜるタイプのヘアカラーでは、一旦もともとある色素を脱色してから新たに染色するという仕組みのものが多いのです。
このようなものの場合には、白髪と黒い髪とを同じような色合いにする事ができるでしょう。
ただし、どうしてももともとの色が残ってしまう事もありますから、よく見れば違うという事もありえます。
ヘアカラーの場合には一般的に白髪と黒い髪とを同じ色に染める事ができるのですが、それ以外の場合にはそれぞれによって異なるといえます。
表面に色をつけるだめの白髪染めであっても、しっかりと色素が乗れば同じような色になる事が考えられます。
また髪質との相性もありますから、ヘアカラー以外のものの場合には実際に試して見なければ分からないと言えるでしょう。
ルプルプ白髪染め染まらない口コミ