保険の無料相談の上手な断り方は?【予約キャンセル】

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらをさまざまな観点から比較してくれているサイトが多くあります。

良く比べられているポイントは、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、取り扱っている商品数の多さ、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

人生で2番目に高い買い物と言われているものですので、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、信頼のおける素敵なFPさんと今後の人生について話し合えると良いですね。

貯金をしたいと考えて家計簿をつけてみたら貯金する余裕がなかったという方は毎月の支出をどうやって節約しましょうか。

まず思いつくのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできることならそのままにしたいですよね。

次に思いつく人が多いのは、毎月の携帯電話料金です。

通話時間を抑えたり、大手3社から格安SIMに乗り換えるという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログを見ると現在契約している保険の内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

相談者の多くは信頼できる担当者の提案だから安心できたという方が多いので皆さんも信頼できる担当者を見つけて相談しましょう。

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは少なからず皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、様々なメディアで耳にする保険無料相談サービスを利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても申し込んでいいの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

というイメージや気持ちを抱いてしまうのもわかります。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の確認をしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などをFPに見せるとよりどう行った内容かわかりやすくなります。

2017年4月の金融庁が出した指導により保険無料相談後に高額なギフト券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品券やギフト券などの提供の禁止」という金融庁の指導を受けて各サービスでは、商品券からお米や牛肉など「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを宣伝しているサービスがありますが、これは明確なルール違反になるのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスを提供している会社の情報を調べてから選びましょう。

相談をしたいという勢いを重視するなら街中の保険ショップへ行くという選択肢もあります。

保険無料相談を行っている会社は、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

そんな中でおすすめなのは、FPさんの質が自慢のところです。

面談をいくつかの会社にお願いしたという人によると、同じ内容で話をしても、FPさんによって提案されるものが違うことが多いようです。

面談だけでなく、契約、アフターケアと関係が続くFPさん。

顧客側の希望をきちんと反映してくれるだけでなく、想像以上のプランをたててくれるような実力のあるFPさんがいる会社が良いでしょう。

今の保険を契約した際にどういったものを参考にしましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た保険の営業員の人の勧めなどいろいろな方法で選んだと思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容がわかっていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が今よりも低く抑えられた、今の生活状況により合った内容を紹介してもらえたという話も多いです。

保険無料相談のCMを見ていて疑問に感じたことがあります。

それは「無料」ではない「有料」の保険相談もあるの?ということです。

結論から言うと存在します。

相談サービスは元々有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でのメリット・デメリットは何があるのでしょう。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって都合のいい保険)を勧めてくるFPが場合によってはいます。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、親身になってくれる可能性が高いです。

新しく趣味や初めて体験することがある場合、みなさんどうしていますか?まず最初にネットで調べる人が多いと思います。

保険の見直しをやってみようと思い調べていたら保険相談無料ドットコムというwebサービスを見つけました。

よく街中にある店舗型のサービスとは違いこちらの都合のいい時間に好きな場所で相談に乗ってくれるようです。

現在の生活状況などを確認するので落ち着いて話をするために自宅で相談している方が多いようです。

また、強制的な勧誘やFP本位の提案をしないのはもちろん、忘れていることの多い現在の保険内容をわかりやすく説明してくれるみたいなので安心ですね。

意を決して保険無料相談をA社のFPにやってみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると感じたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして提案内容に大きい差はないか比較するのをおすすめします。

その際に頭に入れておいて欲しいのがA社の内容をB社に見せると価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

一番理想的なのはB社に提案内容を見せた時に「この内容でほぼOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

営業の人の勧めそのままに保険に加入してしまって実は、内容を十分に把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を検討してはどうでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、ライフプランに合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションに気づいたり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。

最近いろいろなところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料で営業できているのかをご説明いたします。

調べた結果、各サービスは保険会社からの契約手数料を収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービスからすると、勧めた保険に加入してもらうことが一番重要になります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談に行ったら強引に契約を勧められそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

例えば、人から何かを勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じる人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をした際に自分に合わない保険を勧められても断れなくなってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分のライフプランに合わない保障内容になってしまうなど色々なトラブルの報告がされています。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

基本的には「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のどちらかを言うことが必要です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立ってくれるFPなら止めないはずです。

もし強引に引き止めてくる、強引に勧誘してくるFPなら担当者を変えてもらいましょう。

たくさんの保険相談請負会社がある中で一番良いのはどこなのかわからなくなるかもしれません。

選ぶならこういうところが良いのでは?という重要と思われる条件について調べてみました。

まず最も重要な点として、FPさんたちの質が挙げられるでしょう。

また、実際には相性もありますから、担当者とのトラブルに対応してくれるサポートが用意されているところが良いでしょう。

そして取り扱っている商品の数が多いところもFPさんの提案力に繋がりますから気にしてみましょう。

契約後のアフターサービスについても詳細を確認しておきましょう。

世間には山ほど保険の相談に無料でのってくれる会社があります。

その中で本当に良い会社と出会うということは、至難の業ともいえるかもしれません。

ネットなどにあるランキングを参考にしてみるのも良いでしょう。

これはさまざまな点から順位をつけてくれているので、優先事項を整理しながら選ぶことができます。

よく聞くような名前の会社でも一度で信頼できるFPさんと出会えない場合もあるかもしれないので、上位で自分と合いそうな会社を探してみるなど、有効利用することが満足への近道です。

評判の良し悪しを気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思い浮かべるのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談サービスをしている企業もとても気にしているんです。

というのも、無料相談サ―ビスに登録してるFPは相談者が紹介された保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、強制的な勧誘をしているとSNSなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、電話1本、メール1通などで担当者変更できるようにしたり対策をしています。

保険は人生の中で家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

参考:保険相談の断り方はどうすればいい?【予約取り消しの言い訳集】

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは差に大小はあるでしょうが皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、テレビやラジオのCMなどで耳にする保険無料相談を活用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても申し込んでいいの?相談に行ったら強制的に契約しなきゃいけなさそうで行きにくい。

というイメージを持ってしまう方もいるのではないでしょうか。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

タダだからと保険の相談にのってもらったとして、本当なら受けるもやめるも自由にして良いのですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたりたくさんの自分専用資料が用意されていたりすると、やめると言い出しにくく感じることもあるかもしれません。

大切なお金のことなので、吟味を重ねてから決めた方が良いでしょう。

上手な断り方としては、自分でも考えたいので連絡はいらないときっぱり言っておくことです。

万が一トラブルになりそうならその会社のサポートへ連絡しましょう。

一般的な保険の見直しというと店舗へ足を運んだりFPさんに訪問してもらったりとほとんどが直に顔を合わせるものですが、電話でのアドバイスが可能なところもあるとのことなんです。

どうすれば良いかというと、最初にネットなどから電話をしてもらう時間の予約をする必要がありますが、あとは担当FPさんからかかってくるのを待つだけ。

通話料すらかからないそうです。

この方法だと必要ないと感じたときに話を切り上げやすいので、顔を合わせるより気楽だと感じる人も多いかもしれません。

保険会社の行う勧誘や販売は「保険業法」でいろいろな規制があります。

金融庁は保険業法第300条への指針として「保険会社向けの総合的な監督指針」を策定しています。

そのため相談した人に対しての換金性の高いギフト券やポイント、マイルなどをプレゼントしてはいけないのです。

では、お米や牛肉などの商品自体をプレゼントしている場合はどうなのでしょうか。

実は、前述の「監督指針」には商品自体のプレゼントについては具体例が記載されておらず、社会的儀礼として行われる慶弔関係やカレンダーの配布などは保険業法の禁止事項には該当しないとしています。

そのため、今のところは商品プレゼントは「完全にクロ」とも「完全にシロ」ともハッキリしていない状態にあると言えそうです。

プロに保険相談をしたいとき、どんな方法をあなたは選びますか。

FPさんを自宅まで呼ぶ人もいるでしょうし、CMなどでもおなじみとなっているような会社の実店舗にまで行ってみたいという人ももちろんいるでしょう。

日本中にお店があるような有名どころですとショッピングモール内など、ちょっと立ち寄るにも便利な場所で営業している場合も多いので、利用しやすいと思います。

自宅にあげたり、知り合いがいるかもしれないようなお店でプライベートな話をしたりするのが嫌な人は、実店舗を構えているところが良いかもしれません。

よく広告などで見る保険無料相談ですがどうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が保険契約した際の手数料です。

このシステムは相談者にとって良い面が多いです。

その理由としては相談者が契約して初めて収入があるということは、契約してくれなければFPは無料奉仕で赤字状態になるため、保険を紹介するときにわかりやすく説明するなど、紹介の質を高めなければなりません。

そのため、保険自体が相談者に合致していて、紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

信頼性を気にしているので、現状の契約の方が最良と判断をしたら別の保険を無理に勧めたりもしません。

皆さんも保険の悩みを気楽に相談してはどうでしょう。

人生の中で2番目に高い買い物と言われる「保険」。

失敗しないようにぜひじっくり選びたいものです。

そんなときは無料相談を上手に利用すると便利です。

身近に店舗がある場合、訪問してくれる場合といろいろありますが、中には面談をすると何かをもらえるところもあります。

何をもらえるかというと、商品券が多いようです。

額は一万円以下が多いですが、面談を数社とするならお小遣いとしては十分な額になるでしょう。

勉強になる上にプレゼントまでもらえるとしたら、嘘みたいにお得なお話ですよね。

新しくなにかを始める際はみなさんどうしていますか?多くの人は最初にネットで調べることから始めると思います。

保険の見直しをやってみようと思い調べていたら保険相談無料ドットコムというサイトを見つけました。

店舗型のサービスではないのでこちらの都合のいい時間にカフェや自宅など好きな場所で面談をしてくれるようです。

様々なことを確認するので落ち着いて話ができる自宅で相談を行う方が多いようです。

また、強制的な勧誘やFP本位の提案をしないのはもちろん、忘れていることの多い現在の保険内容をわかりやすく説明してくれるみたいなので安心ですね。

保険料を節約しようと思っても、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、解決につながるかもしれない方法があります。

保険無料相談サービスの中には、人生設計などの相談のやりとりをメールで完結できるということが特徴のサービスもあります。

そのため、24時間受付をしており、相談に対する返信内容の確認も通勤中の電車の中などのちょっとした時間に確認ができます。

もし、書いてある内容が理解できない、こちらが伝えたいことの意味が十分に伝わっていないと感じたときには、電話相談もできるようになっているようです。

相談の必要がなくなったときもメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは「有料」の保険相談もあるの?ということです。

調べてみたところ、相談サービスは有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でサービスの違いなどはあるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは保険について確認・相談するだけではお金はもらえず、生命保険に加入してもらって初めて保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

そのため、FPにとって契約時の報酬がの高い保険ばかりを案内してくる人が中にはいます。

逆に、有料相談では、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

皆さんは自分の入っている保険の内容を全て把握していますか?少しでも不明点があれば確認しておいた方がいいです。

その際、便利なのが保険無料相談サービスです。

例えば、病院で手術をした時に現在の保障ではいくら受け取れるかや家が地震で崩れてしまった時の震災保険などは、日常的に使わないので保障内容を忘れていることもあります。

そこで、無料相談サービスを利用して確認することにより現在のライフプランに合っているかを見直しましょう。

場合によっては、ほぼ内容が変わらないのに月額が半分近くに抑えることができたケースもあります。

今の保険を選んだ際になにを参考にしましたか?ランキングサイトなどインターネット上の情報を参考にした人、職場に来た営業の人の説明や知人の話などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって契約をした結果、月々の料金がキツい、実は保障内容を忘れているという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

当たり前のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

決心をして相談してみた結果、保障内容がほぼ同じでも月額が低くなった、今の生活状況により合った内容に提案してもらえたという話も多いです。

一般的に良い評価よりも悪い評価の方が頭に残ってしまうことが多いですよね。

保障内容の見直しや契約状況の確認をしてくれる世間的に保険無料相談サービスに対してどんな印象を持っていのでしょうか。

口コミサイトを見てみると相談前の人の多くが「相談したら保険に加入しなければいけなそう」という心配をしていてなかなか相談へ決心がつかなかったようです。

実際に相談してみると「納得行くまで説明を聞けてよかった」という人や言ってくれて安心できた、本当に相談だけでOKだったなど嫌なイメージはなくなっていることがわかりました。

なので見直しを考えている人は安心して相談してみてはどうでしょうか。

保険無料相談をサービスとして提供している会社はとても多いです。

その中で本当に良い会社と出会うということは、なかなか難しいことでしょう。

最良の出会いを求めるならランキングも参考になります。

それぞれ異なった観点から格付けされているので、優先事項を整理しながら選ぶことができます。

名前を知っているような有名どころでも担当FPさんによって合う合わないはどうしてもありますから、上位の会社で複数面談をお願いしてみるなど、上手に活用してみてはいかがでしょうか。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう方の中には、保険無料相談をして新しい保険を強引に勧められ、きっぱりと断れなくそのまま契約してしまう。

その結果、将来の希望に沿わない保障内容になっているなどトラブルに繋がることがあります。

なので、ここでは保険相談時の断り方について書こうと思います。

見分け方の1例としては相談時に「検討させてください」、「念のため、他のFPにも相談したい」のこのどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生において家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って案内しているFPなら引き止めません。

もし強引に引き止めてくるようなら信頼できないFPと言えます。