女性でも住宅ローンの審査には通るの?

マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。

ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういった事はなかなか難しいの現状です。

ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。

住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。

35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。

と言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

念願のマイホームの購入をしたいが、高くて買えないそういう時は住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

その一つが新築物件よりも、返済期間が短くなってしまう点です。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり出来るだけ早く返済をしなければならないのです。

安さだけで選んでしまうと、後々問題が出てくることもありますし逆に毎月の負担が大きくなってしまう事もあります。

古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせてどの程度お金が必要なのかを調べる必要があります。

将来、住宅ローンの申込みを考えている方は是非注意して頂きたいのがボーナス払いを使った返済方法です。

まとまったお金が入った時に返済できれば、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

でも今は、賞与が出ない会社も増えていますしその年によって大きく変動する場合もあります。

それもあり実際に賞与などを返済に充てているという方は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。

もし不安な方は、まとまったお金が入った時に利用出来る任意返済が出来る銀行を探してもいいですね。

住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

住宅ローンは最大で35年、毎月支払いをしていかなくてはいけませんので、審査は大変厳しく行われます。

審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。

結果は電話か口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約の時は、指定された必要書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

マイホームの購入を検討するとき、最初に思う事は資金をどう集めるか、という事ではないでしょうか。

全体的に、銀行から借り入れする住宅ローンを申し込む方法がおすすめです。

ローンの申し込みに関しては、家庭を支えている世帯主の名前で申請するのが一般的です。

支払は最長35年間という非常に長い期間に及ぶこともあるので銀行側もリスクに備えて団体信用生命保険にも加入するように言われます。

この保険の意味は、申請者に万が一のことがあり支払不可能になった場合残りのローンが0円になる。

という保険です。

新築でも中古でも家を購入する際には、ローンが必要となりますがつなぎ融資という言葉を聞いた事はありますか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、一時的に補う目的で借りるローンの事です。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるため工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。

注意しておきたいのですが、利率が高いのと日割り計算なので一日でも早く手続きを済ませなければなりません。

信用できる銀行を探す事を最優先とし、契約内容もきちんと把握し後から負担のないように、綿密な計画を立てましょう。

将来、自分の家を新しく建てる予定がある方、合わせてお金はいくら必要で、何年払い続けなければならないのか細かい数字まで出したい方はシミュレーションしてみましょう。

まとまったお金が入った時の返済を利用するのか、借入れする金額から希望する内容を細かく設定できるので、実際にかかる住宅ローンがいくらなのか分るので参考になります。

最近ではどこの会社も無料で試せるものが多く、自分の予算に合わせて比較検討してみて下さい。

ただし試算したものはあくまでも目安として考えましょう。

無料相談をしているところもあるので、検討しましょう。

近い将来、新しく家を購入していく計画を立てている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、もしも贈与税が発生した場合に備えて確認しておきましょう。

この仕組みは、相続する金額によって税金がかかるもので例えば年間110万円を超えたお金を貰った場合、10%の税金を支払わなければなりません。

逆に言えば、これ以下の金額であれば申告する必要はありません。

またふとした時に親族からお金をもらう場合もあるので、住宅ローンを上手に返済していくためにも色々なケースを考えましょう。

参照:http://www.quattronoza.com/mortgage/woman.html

男性と女性、様々な年齢層や職種の人たちの口コミなどを参考に今から準備しておきましょう。

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。

どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、信用に欠ける人と判断されてしまい難しいでしょう。

もし以上の点に心当たりのない方は、年金や携帯料金の支払いもカード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

スムーズに審査に通るためにも事前の準備と下調べが必要です。

住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。

この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。

団体信用生命保険の内容は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。

これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。

保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅を購入する事ができます。

住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。

最大の特徴としては、35年間支払いが変わらない。

という点です。

フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構が提供する特殊なローンになります。

このメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。

とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はとはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。

これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

今後、住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方も知っている人と知らない人では10年後に大きく差がつくこれを見たらすぐに実行したくなる節税の方法をご案内します。

1年間で30万円ほどの節約になるかもしれないので、途中からでも申込み出来るのか聞いてみましょう。

申込みが出来るのは新しい家を建てた人か、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

増改築をされた方は5年以上のローン期間が必要です。

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

万が一、住宅ローンを返済している時に失業した場合今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

万が一の時に備えてここで勉強しておきましょう。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかこれによって退職給付金の支給額が大きく変わるからです。

勤め先の事業で辞めた場合は、一年間分の手当てが出るので改めて職場を探しながら、返済をしていけると良いですね。

けれども、延滞してしまうと信用を失いローンが組めなくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

自分の家を建てよう!と思ったとき住宅ローンが役立ちます。

銀行や信用金庫からローンの申し込みは出来ますが家を購入する際は不動産屋を通す方がほどんどだと思いますのでそこで紹介された銀行等に申し込みをしても良いでしょう。

返済期間はそれぞれですが一番長いもので最長35年が選べます。

とはいっても、申込時の年齢によって不可能になる可能性もあります。

世間的に、40歳以上になってからの申し込みは難しくなるケースが多いようです。

今から新築を建てる予定のある方や、既に借入れをしている方も気をつけたいのがオーバーローンにならないようにする事です。

あくまでも新築や中古物件を購入するためにあるので、住宅のためでないものは通常、認められません。

それにより、用意すべき費用はいくらなのか?しっかりと確認した上で申込みをすべきなのです。

もし、法律に違反いている契約であったとすれば中を取り持った会社もクビになるだけでは済まないのです。

既に述べたような危険性があるだけでなくデメリットも大きいので後悔しない納得のいく選択を心がけましょう。