「結核」の定期健康診断があります。 これは法律でも義務付けられています。 この結核の定期健康診断を受けることが、感染症を予防します。 それと感染症の患者への治療の為に定められた法律により義務付けしています。 この法律の対象となるのが、事業者、学校の長、施設の長、市町村長などが結核の定期健康診断を受けるように指導しています。 定期的に健診を行うことで結核を早期発見することが出来ます。それによって早期治療することができます。 結核の定期健康診断を行ったあとは、管轄の保健所へ報告することになります。 ここで定める「事業者」があります。 ■これは学校で業務に従事している人になります。 ※(確認):これらの人は、年に1回毎年健診を受けることになっています。 『施設の長』 監獄に収容されている人です。 ※20歳以降の人は、毎年1回行うことになっています。 ※救護施設、更生施設、老人ホーム、障害者支援施設などに収容されている人は、65歳以降で毎年1回行うことになっています。 『学校の長』 高校、大学、専門学校、専修学校などの学生のことを指します。 上記に該当しない65歳以上の人が毎年1回行うことになっています。 <検査内容について> また必要があれば喀痰検査もなります。 健康診断の実施を義務付けされている人は、実施後ただちに保健所に届け出ましょうね。 結核は、怖い病気です。

関連ページ