心理カウンセラー 資格方法

心理カウンセラーの資格を取る方法は、主宰するNPO法人が提供する心理カウンセラー養成講座を受けることが最適です。

セラピストとして開業をすることも可能ですし、傾聴ボランティアや自治体が設けている支援員や相談として活躍することも視野に入れることができます。

心理カウンセラーの養成講座には、初級・中級・上級とステップアップしていける講座内容を設けているところが一般的です。

通学制で勉強をするところや通信教育などで勉強できるところなど多岐にわたりますので、あなたのライフスタイルに合わせた勉強方法を見つけることができるでしょう。

とあるNPO法人が認定する心理カウンセラー資格では、中級の認定試験をクリアされた方から対人のカウンセリングを行うことができると定めています。

初級心理カウンセラー資格では、自己啓発のためのスキルやカウンセリング基礎知識などを学ぶことができますので、あなたが将来どのような心理セラピストになりたいのかを見据えた上で勉学を始められるとよいでしょう。

心理カウンセラーを資格を取る方法としては、理論や実践を学ぶ以外にも、臨床系の実習も必要になってきます。

カウンセラーとしての言葉のかけ方や姿勢などを学ぶことができますので、開業をしたい、何らかの形でカウンセリングを行いたいという方は必須の授業であるといえるでしょう。

この臨床実習を修了しないと対人カウンセリングを行うまでの資格の受験資格が得られない事もあります。

独立開業をしたい方も、知識として学びたい方もカウンセリングの技術は必須です。